『ルポ プーチンの戦争』出版
2018年12月11日
0

МФК PHOTOSの真野森作が自身の写真と、モスクワ在住時に取材した内容をもとに本の出版をすることとなりました。МФК PHOTOSの定例会でもご自身の写真を使って様々なお話をしてくださいました。
ウクライナの政変は来年2月で丸5年となり、東部では今も戦争が続いております。日本では安倍首相がプーチン大統領との北方領土交渉に力を入れる中で、参考となる1冊になればと考えております。

作者紹介:真野森作
一九七九年、東京都生まれ。一橋大学法学部第三課程(国際関係)卒業。二〇〇一年、毎日新聞入社。北海道報道部(札幌、苫小牧)、東京社会部、外信部、ロシアでの語学留学を経て、二〇一三年一〇月から一七年三月、モスクワ特派員として旧ソ連諸国を担当した。

戦争が続くウクライナの現実。訓練された謎の覆面部隊、撃墜された民間航空機、クリミア半島のロシア編入……。何が起こっているか。ロシアの狙いは何なのか。

本のタイトル:ルポ プーチンの戦争ー「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか
作者:真野森作
単行本(ソフトカバー): 394ページ
出版社: 筑摩書房 (2018/12/13)
言語: 日本語
ISBN-10: 4480016767
ISBN-13: 978-4480016768
発売日: 2018/12/13

この記事を共有しますか?