新聞「日本とユーラシア」 2019年9月号
2019年9月8日
0

日本ユーラシア協会発行、月刊紙『日本とユーラシア』のМФК連載企画。2019年9月号はロシアの作品です。タイトル「タイピング・ダンシング」、中村正樹の作品。

「次はそっち!」四角い石の上を飛び回りながら一人の女性が何かを伝えようとしている。この石はキーボードになっており、彼女が踊るように飛び回る度に一つ一つ彼女の言葉がつながっていく。 エカテリンブルグにある「キーボード記念碑」は今やエカテリンブルグの観光名所ともなっている。大地に打ち込まれた彼女の言葉はどこまで届いただろうか?

掲載:月刊紙『日本とユーラシア』2019年9月号
タイトル:タイピング・ダンシング
写真:中村正樹
撮影地:エカテリンブルグ/ロシア

ロシアの撮影スポット紹介でも取り上げた場所です。

この記事を共有しますか?