新聞「日本とユーラシア」 2020年4月号
2020年4月12日
0
日本ユーラシア協会発行、月刊紙『日本とユーラシア』の連載企画。4月号は藤田夕子さんの作品です。

ふらっと訪れたシベリア最古の街の一つ、トムスクで春祭りが開催されていました。レース彫刻と寄棟造が未だ生活の中に残されていて、凍土が溶けるままに沈んでいく。イルクーツクが白川郷なら、トムスクは五箇山のような感を受けました。観光地として売り出したいけれど観光客に慣れていない素朴さがあって居心地がよい街です。毎夕買っていたシャシリク屋台の女の子を撮影しようとして、お母さんに見つかり売れ残りを買わされた時の一枚です。

掲載:月刊紙『日本とユーラシア』2020年4月号
タイトル:マースレニッツァの妖精
写真:藤田夕子
撮影地:トムスク/ロシア

この記事を共有しますか?