新聞「日本とユーラシア」 2018年5月号
2018年5月10日
0

日本ユーラシア協会発行、月刊紙『日本とユーラシア』のМФК連載企画。5月は坂本航司さんのミンスク(ベラルーシ)の写真となりました。

ソ連時代の面影が色濃く残るベラルーシの首都ミンスク。その街外れにある軍事博物館で、夕暮れに佇む男女の銅像を写真に収めた。1941年から45年までのドイツとソ連の戦争では、こうした男女の別れが数えきれないほどあり、男の多くは戦場から戻ってこなかった。その戦争が終わって、今年で73年になる。この平和が、これからもずっと続くことを願ってやまない。

掲載:月刊紙『日本とユーラシア』2018年5月号
タイトル:じゃあ、行ってくるよ
写真:坂本航司
撮影地:ミンスク/ベラルーシ
この記事を共有しますか?